スキンタッグの治療方法は4種類!病院だけでなく自宅での方法もある

スキンタッグ(首イボ)が出来て見た目も良くないので治したい。

病院か自宅で治療するか悩みますよね。

病院だとどんな治療をするのか、痛くは無いのかなど不安はあるけど
早くに取り除きたい思いで病院治療を考えている方は参考にして下さい。

病院での治療は4つの方法があります。

・液体窒素治療

・炭酸ガスレーザー治療

・電気焼却治療

・ハサミ治療

病院治療は保険が適用されるのと、適用されないのがあるので
知らないと高額な費用になる事があるので確認してから治療をした方が良いと思います。

自宅で治療をしている人も多い!人気なのがクリームを使った方法

スキンタッグはウイルス性のイボとは違い、角質が集まってできた角質粒です。

そのため、皮膚のケアをしてターンオーバーを促進させることで肌の働きによって治療をすることもできるのですね。自宅で除去をしたいって人も多く安くて通院の手間がかからないのでメリットも多いです。

少し大きめの薬局であればヨクイニン錠と呼ばれる薬も販売がされています。個人的に自宅でケアするのならおすすめはスキンタッグや老人性イボ用に作られているクリームです。

価格も安く評判が良かったりします。特に最近ではクリアポロンが人気なのを感じています。

通院の手間をかけたくなかったり、安くおさえたいって人であればクリームを使った方法もひとつの手です。自宅で除去する方法から人気のクリームまで解説している参考にサイトがあるので気になる方はそちらをご覧いただくと良いのではないでしょうか?

首イボを自宅で治療する方法や薬やクリーム※首イボ治療センター

液体窒素治療

液体窒素でピンセットを冷却しイボをつまんで凍結させることで
取り除く方法です。

炭酸ガスレーザー治療

炭酸ガスレーザー は熱の力で治療部分のみを蒸発させて、
治療する方法で出血もほとんどありません。

電気焼却治療

電気メスの熱でイボを焼いて除去します。
熱で痛みがあるため局所麻酔を使います。

ハサミ治療

突起したイボが対象で、茎の部分をハサミで切除します。
痛みはわずかなので通常は麻酔を使わず治療します。

病院治療は上に述べた方法で治療します。

それぞれ治療方法があるようにメリット、デメリットも
それぞれ違ってきます。

スキンタッグは治療して除去出来ても再発して又できる可能性が多くあるので、
毎日のケアと予防が大事です。

スキンタッグの予防方法は乾燥を防ぐ保湿

スキンタッグの予防で一番重要なことは保湿で肌を乾燥から防ぎ、
潤いを与える事です。

潤いを与える事で皮膚の摩擦や血行不良、肌の老化を防ぎ
ターンオーバーにも効果があります。

毎日のケアが重要!治療と予防でスキンタッグに悩まされない肌へ

スキンタッグは再発を防ぐ為にも毎日のケアが大事です。

治療してイボを取り除いても皮膚が正常な肌になった訳ではなく、
根本的な原因が解決したわけではありません。

除去できて安心していると、皮膚は老化や毎日の肌えのダメージが蓄積され、
再発する可能性があるので化粧品などでのケアが大切です。

治し方やメリット、デメリットは個々のページに書いてますのでご覧下さい。

イボの治療は病院で除去しても結局は自宅で化粧品などでケアする事が
大切になってきます。

イボ用化粧品だとイボに適した成分が数多く配合され、
取り除きながら同時に予防もやってくれます。

そのため、自宅でイボ用の化粧品で治療する人が増えています。

スキンタッグを炭酸ガスで治療のまとめ!治療回数・費用・メリットまで紹介

炭酸ガスレーザー治療は美容皮膚科や美容外科などでやっていますが、
最近は一般の皮膚科にも炭酸ガスレーザーを導入しているところが増えています。

この治療は小さなイボから大きなイボまで施術することが出来ますが、
保険適用外なので費用は高くなります。

また、病院で施術費が違ってくるので始めに費用を確認したほうがいいです。

“スキンタッグを炭酸ガスで治療のまとめ!治療回数・費用・メリットまで紹介” の続きを読む

液体窒素を使ったスキンタッグを病院で治療する方法のまとめ

スキンタッグを病院で治す方法には液体窒素を使って除去する方法があります。
液体窒素とは窒素を-196度に冷却された液体です。

ピンセットや綿棒などを液体窒素で冷却して皮膚に出来てるスキンタッグを、
つまんだりして皮膚細胞を急激に低温火傷にしてかさぶたの状態にする治療です。

低温火傷にしたかさぶたは1~2週間すると自然に剥がれ落ち皮膚は再生されます。

治療後は皮膚細胞が低温火傷で炎症を起こしているので傷跡が残りますが、
ターンオーバーの働きにより皮膚が再生され自然に薄くなってきます。

主に首イボの中でもスキンタッグやアクロコルドンのように小さい物の
治療に用いられる方法です。

“液体窒素を使ったスキンタッグを病院で治療する方法のまとめ” の続きを読む

ハサミやレーザーによるスキンタッグの治療方法のまとめ

スキンタッグは良性なのでそのままにしていても大丈夫ですが、
放置していると少しずつ大きくなってきます。

イボがぽつんと出ていると見た目気になりますよね。

そんな突出したイボの治療方法にハサミ切除があります。ハサミで切り取るというと
古臭いやり方みたいですが、突出したイボには効果的な治療方法です。

“ハサミやレーザーによるスキンタッグの治療方法のまとめ” の続きを読む

スキンタッグの原因や種類と特徴

首周りにできることが非常に多いのがスキンタッグです。首は目立つ部分でもあるため、非常に気持ち悪く見えたりするだけでなく、老けて見えてしまうのでつらいものがあります。

初めは1個で目立たずそんなに気にしていなかったのが、気がついた時は沢山できていて、ネックレスなどをするとイボがすれてオシャレをするのも大変な人がいるんではないですか?

でもスキンタッグはきちんと原因を把握すれば治すことは難しくありません。イボというとウイルス感染を疑う人もいますが、首にできたのであれば多くの場合は違います。
“スキンタッグの原因や種類と特徴” の続きを読む