液体窒素を使ったスキンタッグを病院で治療する方法のまとめ

スキンタッグを病院で治す方法には液体窒素を使って除去する方法があります。
液体窒素とは窒素を-196度に冷却された液体です。

ピンセットや綿棒などを液体窒素で冷却して皮膚に出来てるスキンタッグを、
つまんだりして皮膚細胞を急激に低温火傷にしてかさぶたの状態にする治療です。

低温火傷にしたかさぶたは1~2週間すると自然に剥がれ落ち皮膚は再生されます。

治療後は皮膚細胞が低温火傷で炎症を起こしているので傷跡が残りますが、
ターンオーバーの働きにより皮膚が再生され自然に薄くなってきます。

主に首イボの中でもスキンタッグやアクロコルドンのように小さい物の
治療に用いられる方法です。

“液体窒素を使ったスキンタッグを病院で治療する方法のまとめ” の続きを読む

ハサミやレーザーによるスキンタッグの治療方法のまとめ

スキンタッグは良性なのでそのままにしていても大丈夫ですが、
放置していると少しずつ大きくなってきます。

イボがぽつんと出ていると見た目気になりますよね。

そんな突出したイボの治療方法にハサミ切除があります。ハサミで切り取るというと
古臭いやり方みたいですが、突出したイボには効果的な治療方法です。

“ハサミやレーザーによるスキンタッグの治療方法のまとめ” の続きを読む

スキンタッグの原因や種類と特徴

首周りにできることが非常に多いのがスキンタッグです。首は目立つ部分でもあるため、非常に気持ち悪く見えたりするだけでなく、老けて見えてしまうのでつらいものがあります。

初めは1個で目立たずそんなに気にしていなかったのが、気がついた時は沢山できていて、ネックレスなどをするとイボがすれてオシャレをするのも大変な人がいるんではないですか?

でもスキンタッグはきちんと原因を把握すれば治すことは難しくありません。イボというとウイルス感染を疑う人もいますが、首にできたのであれば多くの場合は違います。
“スキンタッグの原因や種類と特徴” の続きを読む