スキンタッグの原因や種類と特徴

首周りにできることが非常に多いのがスキンタッグです。首は目立つ部分でもあるため、非常に気持ち悪く見えたりするだけでなく、老けて見えてしまうのでつらいものがあります。

初めは1個で目立たずそんなに気にしていなかったのが、気がついた時は沢山できていて、ネックレスなどをするとイボがすれてオシャレをするのも大変な人がいるんではないですか?

でもスキンタッグはきちんと原因を把握すれば治すことは難しくありません。イボというとウイルス感染を疑う人もいますが、首にできたのであれば多くの場合は違います。

スキンタッグが首や顔に発症する原因を紹介

スキンタッグは肌のケアができていないことが原因となります。
肌と服がこすれて摩擦がおき、それが刺激になりできてしまう。

長時間紫外線にあたる事で皮膚のダメージを抑えようとメラニン色素を作り出し、
ターンオーバーで取り除けなかったメラニンが蓄積されイボができる。

スキンタッグは皮膚と脂肪からできていて首や胸、ワキや横腹などにできやすいので
きずかないうちにできてたという事もあるので注意しましょう。

スキンタッグと呼ばれる首イボの種類

スキンタッグは首イボなんて呼ばれ方をすることもあります。
首のイボは種類がたくさんあり、スキンタッグはその中のひとつとなります。

・アクロコルドン
・スキンタッグ
・扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)
・老人性イボ
・尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

アクロコルドン

このイボは肌色で3ミリ程の大きさなので気付かれにくく、柔らかい場所にできやすいので
首や胸元にできるイボはこの種類が多いです。

何かの刺激によってできるイボで、ウイルスに感染することはありません。

スキンタッグ

スキンタッグは顔や首、腕、背中にも見られ汗を多くかく場所にできやすく加齢によって
でき良性のイボになります。

大きさは小さいものから、1センチほどになる事もあり形は皮膚が盛り上がっていたり
平らで目だちにくいものや、色も肌色、茶色、黒く見えるのもあります。

このイボはウイルス感染で発生しないので、他人にうつらないか心配しなくてもいいでしょう。

扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)

青年期にできやすく、中年以降はほとんどできません。
大きさは2~3ミリていどで平っぺたいのが特徴です。

顔や手の甲にできやすく痛みなどは無いので、小さくて気付かずにいると
このイボはウイルス性なので傷口から感染し増殖させる恐れがあります。

ウイルス性なので他人へ感染させる可能性があります。

老人性イボ

加齢により自然にできるイボですが、若くて10代からでもできてしまった人も多く
手の平や足の裏以外なら、顔や身体のどこにでも出来ます。

形は平らなものやポツンと盛り上がったもので、痒みを感じる事もあり
色は肌色や黒っぽいものがあり感染する事はありません。

大きさは初めは1~2ミリですが年齢を重ねるにつれ徐々に大きくなってきます。

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

一般的なイボがこの尋常性疣贅で手や足の擦れやすい場所に出来やすく
ウイルス感染で発生するので他人に感染する恐れがあります。

形は円形状で硬く突起していて初めは小さいけど、徐々に大きくなり
皮膚がざらつくようになります。

首イボの種類は沢山あり、特徴もそれぞれに違いがあるので
できてしまったイボの特徴を知ってれば治療にも役に立ちます。